飲食店の新型コロナウイルス対策として提案

2020年4月。首都圏を中心に緊急事態宣言が出され、より強い外出自粛要請などが出されました。

多くの人々の間で市中での感染が心配される中、コンビニエンスストア大手のローソンでの「ある取り組み」に関連して筆者が考えたこと…

個人営業の飲食店などにも有効そうな飛沫感染防止策としてのレジカウンターへのビニールカーテン設置。

たとえば…飲食店内の各テーブルの間にビニールカーテンを設置したり、同じテーブルでも、対面するテーブル上の真ん中のテーブル上から20㎝程度空けてカーテンを吊るすといった方法はいかがでしょうか?

これなら、対面している人との会話でも、少しは安心出来るのではないでしょうか。

更に、店の入り口付近にサーモグラフィの体温モニターを設置して、体温の高い人の入店をお断り出来る対策を講じる…そういった方法で、お客様の安心と安全を高めるという提案をするものです。

対策の為の資材や取り付ける労力は必要ですが、安心してお客が入店できる環境を整えることが、これからの実店舗では必須の条件となることは明白ですので。

そして、飲食店の間取りや空間の使い方についても、従来の床面積当たりの売上高を上げるといった思想で、狭い空間に座席を詰め込む…といった考え方ではなく、広くゆったりとした空間で密を防ぐとともに、お客に精神的なリラックスを提供することも生き残りの1つの方法だと思います。

wakuwaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする