新型コロナウイルス対策は正しい情報を見分けることから!

2020年2月下旬。日本国内でも感染者数や死亡者数が増えつつある新型コロナウイルス

手軽に検査を受けられるわけでもなく、ワクチンの開発もまだ進んでいない状況で、多くの人々が疑心暗鬼に陥っているようです。何をしたら良いのか、何をしてはいけないのか。

そんな中、仕事やイベントが中止や延期になり、家にいる時間が増えているのを利用して、インターネットではなく書籍を読んでみては如何でしょうか?

インターネットでは、一部の無責任な人々が面白がって!?偽の情報を流すことは日常茶飯事です。そんなウソに惑わされないためにも、正しい基礎知識くらいは手に入れておきたいものです。

さすがに専門的なことは分からないにしても、基礎的なことに関しては関連した書籍を読み漁ることで、それなりに理解出来るものです。

例えば、スイス連邦法務警察省が発行している「民間防衛」なる本は、日本語訳のものが出回っていて、生物兵器や化学兵器などに関する日々の対策についての誰でも出来る簡単な方法が書いてあったりします。※筆者は、生物兵器への対策を参考に出来るのではないかと考えます。

読んでみると、そんなに大そうな方法ではありませんが、当然と言えば当然の納得出来ることが書いてあります。これでけでも多少は安心出来るのでは?ネットの偽情報で間抜けなことをさせられてしまうよりマシでしょう。

要は、我々庶民レベルで出来ることは限られているのです。大したことは出来ないのですが、それでも基本的なことを実践することが流行を防ぐことにつながるのです。

兎に角、慌てず騒がず冷静に。今の自分が出来ることを精一杯することだけを考えましょう。じたばたしても、なるようにしかならないのですから…。

wakuwaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする