賃貸アパートの和室を洋室風にリフォームする方法

築年数の古い賃貸アパートだと、和室が多いもの。

畳部屋は、好きな人は好きですが、洋室好きや特に若い世代には使いずらいようです。

 

さて、資金の関係で築年数の古い和室アパートに引っ越さなければならない…でも、和室はチョッと…。

 

費用が掛からず、簡単で、後で引っ越すときも簡単に原状回復が出来る方法…そんな時は、この方法!

クッションフロアを敷くだけ!!

賃貸住宅 畳部屋を板の間に

本来、クッションフロアは両面テープで貼って使うものですが、それをしないで”ただ敷く”だけ!

必要な時は端っこだけ両面テープで止めて、浮き上がらないように処置すればOKです。

 

クッションフロアなら、水にも強いのでドリンクを溢しても安心安心♪

木目でも、石畳でもお好みで選べるので、敷いた後は別の部屋に来た気分になったりします。

 

濃い目の色で落ち着いた雰囲気にするか…ホワイト系で明るい雰囲気にするか…アナタ次第!

 

1.8~2m幅で、長さは1~10mまで選べます。

たとえば2m×10mでも15,000円~30,000円程度で購入出来ます♪

4畳半とか6畳程度なら、それだけで十分でしょう。2~3万円程度で床のリフォームが出来ちゃいます!

まずは、しっかりと床のサイズを測ってから購入するサイズを選んで下さい。

クッションフロアの種類はコチラをご覧下さい。⇒クッションフロア

 

タグ:

コメントを残す