「自宅めし」「おうちご飯」で自炊に関する商品が人気

インフルエンザの流行や新型コロナウイルスの流行の兆しによって、外出や外食を避けて、デリバリーを利用した「うちごはん」をする方々が増えているようです。

昔から日本では「出前」というサービスが存在して、寿司や蕎麦などをとる習慣があります。そう、ピザだけじゃないんです(笑)

最近ではウーバーイーツなどによって、個人経営の飲食店でも手軽に宅配サービスが提供できるようになっています。

ピザが一般的なイメージだと思いますが、 ガストやなどのような有名チェーン店の料理や飲み物を自宅でゆっくりと楽しめるサービスもあります。

特に都市近郊・郊外などではデリバリーを利用できる環境が整っています。

ですが今、そんな宅配の食事ばかりではなく…

どうせ家に居るのだから…ということで、料理を作るといった「自炊」に関するキッチン用品が人気だとのこと。

今まで料理などしたことのない人が料理を始める…良いことだと思います。

そして、そんなキッチン用品の需要ばかりではなく、調理するための食材そのものものにも拘って、少し高級な素材を使って料理を楽しみ、食べることを楽しみたいといった人も増えているんだとか…。

食に関する多様性ということで、それがこれからの新しい生活様式の1つとして定着しそうな雰囲気です。

外食と宅配と自炊をバランスよく使い分けて食生活を楽しむ…新型コロナウイルス過でも、未来に向けて前向きに生活様式を変化させることが、苦難を苦難として終わらせないための方策だと思います。

wakuwaku

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


コメントする