狭い部屋を広く見せるコツ

予算の関係で、家賃の安い賃貸アパートに住んでいる場合。

たとえば、四畳半とか六畳程度の1部屋だと、狭い感じは免れません。だから、せめて見かけだけでも広くして、少しでも余裕が感じられるようにインテリアのアレンジに挑戦してみませんか?

狭い部屋を広く見せるコツとは…

まずは入り口から奥に行くまでの動線上に物を置かないことから!

次に、簡単に出来ることとして、入口から部屋の奥にかけて、手前に背の低い家具、奥に行くに従って背の高い家具を置くようにするだけでもだいぶ広さの感覚が違ってきます。(遠近法)

 

また、壁や床をホワイトにすれば、更に広い感じを醸し出せます。

賃貸でも大丈夫なように、床にはジョイントマットや取り外せる床タイルを使い、壁は剥がせる壁紙を使うとようでしょう。

ジョイントマット  床タイル

予算の関係で壁と床の両方が難しいという方は、優先順位として床をホワイトにすることをお薦めします。

タグ:

コメントを残す